予防歯科

sp_bn01.png

予防歯科の重要性

予防歯科とは、正しい歯のブラッシングやクリーニング、定期的なメンテナンスを続けることで、

  • 歯が悪くなる前に、悪くならないようにする
  • 悪くなってしまっている歯は、これ以上悪くならないように維持する

ためのものです。
しっかり噛める美しい歯は、あなたの一生の健康を支える大切な財産です。たとえ、すでに悪くなって入れ歯が必要になったとしても、天然の歯を一本でも多く残すことができれば、入れ歯の安定性は格段に上がります。
当院では、患者さまのお口の中の状態を的確に把握し、健康な環境を少しでも長く維持するための予防歯科医療を提供しています。

予防の要はPMTC

虫歯や歯周病を引き起こす特定の細菌を追い出すことができれば、ほとんどの歯の病気は防ぐことができます。そして重要なことは、毎日どれだけ丁寧にハミガキをしても、「すべての歯垢を完璧にとりのぞける人はいない」ということです。
そこで歯の隙間にたまってしまう歯垢、さらにそれが変質した歯石をとりのぞくのがPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)です。
これは歯科医師または歯科衛生士が専門の器具を使い、患者さまのお口の中を徹底的にきれいにする「プロのクリーニング」です。
歯垢・歯石をきれいにとりのぞくだけでなく、歯の表面をツルツルに仕上げることで歯垢がつきにくくします。
生活習慣病ともいわれる歯科疾患に対し、定期的にPMTCによるケアを行なうことは、患者さまの健康を長く保つ秘訣のひとつであると断言できます。

予防歯科で行なうさまざまな治療

PMTC

プロが行なう専門的な歯のクリーニングです。歯科疾患の予防になるのはもちろん、口臭を防ぎ、また術後の爽快感から大切なイベントの前などにご予約される患者さまも多くおられます。
歯垢が付着してとれなくなる期間は、人によって異なります。患者さまに合ったペースで定期的にクリーニングすることが健康維持には大切です。

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗ることで、虫歯に強い歯質にします。フッ素は歯の再石灰化を促し、定期的に塗布することで効果がさらに高まっていきます。

TBI(ブラッシング指導)

毎日きちんと歯磨きしているつもりでも、その方法が正しくなければ、磨けていない場所に着々と歯垢がたまっていきます。歯の形状は人それぞれですから、患者さまに合わせて無駄のないブラッシング方法をご指導させていただきます。

定期健診

定期健診では、お子さまの間は虫歯がないかチェックし、また顎の骨の成長を含めた咬み合わせの発育をしっかり管理することで、口腔環境の向上と維持をはかります。また成人後は虫歯と歯周病がないかをチェックして健康を維持していきます。ご高齢の方にはさらに骨粗鬆症の進行なども見すえ、天然歯を一本でも多く残せるようなプランをご提案していきます。

TEL:0721-23-8618