一般歯科

sp_bn01.png

丁寧なケアとメンテナンスで、できるかぎり削らない治療

虫歯や歯周病は、普段の生活習慣が乱れたり衛生状態が悪化したりすることで常在する悪玉菌が優位となって歯を破壊していく病気です。
ですから、その予防のために日常の生活習慣や、歯によくないクセ(歯ぎしり、食いしばり、頬杖など)にも目を向けつつ、悪化すればすぐに封じ込みを行なうことが大切です。
当院では健康な歯へのダメージを最小限におさえ、悪化している部位だけを丁寧に、なるべく痛みのない治療を実践しています。お子さまにも安心の治療ですので「痛みが出てから」ではなく、なるべく早いケアとメンテナンスを心がけてください。

虫歯の進行について

レベル1(C0)

初期段階です。表面のエナメル質が溶け始め、茶色の溝ができたりします。適切なブラッシングやフッ素塗布により再石灰化が起き、治癒は可能です。

レベル2(C1)

エナメル質が溶けて穴が空きますが、まだ痛くありません。再石灰化は難しいので、部分的に歯を削り取ってレジンを詰めます。

レベル3(C2)

エナメル質の中の象牙質まで侵され、冷たいもの・甘いものがしみ始めます。歯をさらに削り取り、レジンや詰め物(インレー)をしてふさぎます。

レベル4(C3)

さらに内部の歯髄まで虫歯が進行し、神経に達するためにひどく痛みます。神経まで取りのぞく根管治療を行ない、薬剤を充填して被せもの(クラウン)をします。

レベル5(C4)

歯はほとんど溶けてしまい、神経も死んでいるために痛みがなくなってきます。ここまでくると抜歯するしかありません。入れ歯やインプラントを使って機能を回復させます。

副作用がなく効果的なレーザー治療

津田歯科医院では、消炎効果や殺菌効果に優れるレーザー治療を取り入れています。痛みはなく、傷痕が残りにくく、治癒までの時間を早める効果もあり、当院では歯周病や口内炎などさまざまな用途に使用しています。
副作用はありませんので、妊娠中の方や全身疾患、アレルギーのある方にも安心してお受けいただけます。

レーザー治療の効果

  • 歯周病(歯肉の切開や歯周ポケットの殺菌・消炎など)
  • 根管治療(殺菌・消毒など)
  • 切開手術(殺菌・消毒・消炎効果により抗生物質や鎮痛剤を減らすことができ、術後の回復も早い)
  • その他(色素除去・知覚過敏・口内炎・顎関節症等など)
TEL:0721-23-8618